"/>

逆境を乗り越え、病と付き合いながらも稼げる!

在宅ワークで起業しよう

プロフィール

高校生まではそれなりに真面目に生きてきました。

大学受験もしましたが、すべて不合格となってしまい、普通ここなら留年してでも大学に入学するのですが、当時、失恋がきっかけで価値観が変わり、専門学校へ進学しました。

中学時代から始めたギターを続けるために、音響関係の専門学校へ進むことになったのです。

親の気持ちどこ吹く風、アルバイトをしながらバンド活動を続けました。

20歳の頃、悪友からの誘いでネットワークビジネスをすることになり、それからは夢中になってやりました。

グループ同士でお金を出し合い、マンション2室を借りてオフィスとしました。

夜19時以降からセミナーをやり、帰宅は午前7時、起床は14時頃。

つまり、昼夜逆転生活をしていたわけです。

2年ほどお金が入らない状態が続き、クレジットカードを3枚作っては日々返済に追われる生活を送っていました。

まわりがどんどんリタイヤする中、僕はどうにかネットワークビジネスでみんながまず目指すポジションへ到達しました。

月給がいきなり120万円になり、やっとここからかと思った矢先・・・

交通事故で車は全損、一週間後からアトピーを発症したのです!

薬を無理やり嫌っていたので、アトピーはどんどん悪化し、やがて全身リンパ液状態、動けなくなってしまいました。

グループも衰退し、会社も倒産してしまいました。

そこからは長期間に渡り、アトピーに苦しまされ、ありとあらゆる治療を試みたり、ステロイド内服をしたり、脱ステロイドの入退院を繰り返したりしました。

食事以外は動くことができなくなり、いわゆる鬱状態の時に、親戚の紹介で福島県会津若松市にある「米ぬか温浴」を試してみることになりました。

しかし、3日間で帰ってくるはずが、大悪化!

帰れなくなって、「米ぬか温浴」に通っていたアパートの大家さんと知り合い、そのアパートに住むことになりました。

右も左もわからない会津若松・・・

毎日駅の方まで歩き、インターネットカフェに行ったり、図書館に行ったりして時間を潰していました。

そんな時にネットのことに興味が出て、図書館で「HTML」の本を学んだのです。

市民じゃないと借りることができないため、毎日図書館に通って、ノートに写しました。

あの頃がきっかけで、ある程度HTMLを理解し、ホームページが作れるようになったのだと思います。

大阪へ帰れるくらいになったときには10ヶ月が経っていました。

帰阪してもアトピーの悪化と付き合い続け、今尚、アトピー続行中です。

 

仕事もまともに続けることができないため、夜中はネットサーフィン。

ぐるぐる徘徊しているうちに、アフィリエイトの存在を知ることになったのです。

すべて自己流で始めたので、無報酬が続きました。

ツールや商材、塾という存在を知り、最初は投資でお金が出ていきましたが、じっくり取り組んでいると、やっぱりお金を出した分、有力な知識が入り、2012年には医療脱毛系のアフィリエイトで稼ぐことができました。

その後、Googleの検索システムが変わったりで、検索ワードで1位だったのが圏外に飛ばされたりしました。

その後塾などへ通って、裏技やショートカットで得する方法などをあさりました。

しかし、近回りして儲けようとするほど、儲からないことに気づいたのです。

それは本質を理解していないので、流行りが終わると、また別の裏技を展開していかないといけないためです。

そんな時に加藤さんの存在を知りました。

次世代起業・・・、なるほどインターネットを酷使した次世代の起業かと思いました。

数値で図れるところはすべて数値で前もって測ることができるので、失敗を最小限に抑えることや、人間の購買にかかわる心理を学ぶことで、ライティングスキルも上達しました。

 

僕は突然アトピーとなって社会生活ができなくなったこともあるので、同じように生活弱者をやむなくされている人に救済の道を開きたいと思いました。

すこしでも「今より良くなりたい」という欲求があれば、インターネットで稼ぐことはできます。

 

はやく自由になれるくらい稼いで、本当にやりたいことに集中しながら人生を全うできればと感じます。

人生は一回きりのあっという間。

やりたいことがいつでもできるための、余裕と豊かさを持ちませんか?

 

つよぽん

投稿日:

Copyright© 在宅ワークで起業しよう , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.